コスト削減が可能!産業廃棄物処理はプロにお任せ

作業員

人や環境にも優しい業者

通常の廃棄物とは異なる区分になっている産業廃棄物は、各地方自治体や民間の回収業者では処理できないため、適切な処分を行ってくれる産廃処理業者に依頼する必要があります。廃棄物は自分で集めて分別するのが基本ですが、産廃処理業者なら代わりに分別してくれるので作業が楽になります。

重機

環境に配慮して行われます

産廃は、基本的に埋立地で最終処分が行われています。環境負荷を抑えて処理場を効率的に利用するために、破砕等の中間処理を通じて最小限にするように取り組まれています。処理をするためには自治体の許可が必要で、分業体制を採用することが通例です。

委託契約と処理コスト

工場

法令順守の重要性

産業廃棄物処理は、事業を行ううえで発生する廃棄物を処理するために必須となる。すべての廃棄物を発生元の事業者が処理することはコスト的にも困難であるため、産業廃棄物処理を行う事業者に処理を委託することが必要である。これまでに発生した産業廃棄物の不法投棄などにより、各地の自然環境や住環境が破壊され、大きな社会問題となった。このような背景もあり、現在は産業廃棄物処理に係る法律は、違反した場合の罰則が非常に重いものとなっている。又、産業廃棄物処理を確実に遂行するため、マニフェストで発生した廃棄物の処理の委託ルートの確認、受け渡し以降の処理の確実な実施を追跡することが可能となっている。産業廃棄物処理の委託先が廃棄物処理を委託した事業者に無断で不法投棄を行った場合でも、処理を委託した事業者にも罰則が適用される。処理の委託先が不法投棄を決して行わない、しっかりとした事業者であるかを予めしっかりと確認し、委託契約書を取り交わした上で処理を委託することが非常に重要である。又、委託契約書を取り交わした後も、一定頻度で処理委託先の監査を行ったり、契約どおりの処理が行われているかを確認することが必要である。処理委託時の処理費用も、委託契約書で取り決める。処理委託先が不法な処理を行わないよう、適正な処理費用を取り決めておくことが重要となる。事業のコストダウンのために廃棄物処理費用はできる限り安く抑えておきたいところだが、不法処理によるリスクを十分に認識し、処理費用の取り決めを行いたい。

工事現場

瓦礫の選別

瓦礫選別を行うには自社で機械を購入かレンタルして用意するか、専門の業者に依頼することが必要です。自社で瓦礫選別をする場合には最初から機械を購入するのは避けて、レンタルを利用して機械の使い勝手を確かめることがポイントです。